Karineko.com
個人輸入代行
個人輸入
ebay
代行
入札代行
Karineko.com
通信販売の法規に基づく表示
Karineko.com © 2005 - 2014
Karineko.com
Karineko.com
Karineko.com
Karineko.com
Karineko.com
Karineko
Karineko
Karineko.com
- 原則 / 総則
- 物品代行
- オークション代行
- 間接代行
- 転送代行
- 転送のみ代行

商品以外にかかる費用:

原則的に商品以外にかかる費用は、送料 (handling fee含む/→ FAQ )とKarineko.comの 手数料 (手数料一覧は こちら ) と、お振込み頂く際の 振込み手数料のみとなります。

但し、販売店/SHOP・出品者に対する支払い方法に一定の事務作業が必要となったり、後日関税が発生したり するといった場合には別途費用が生じることになります。

従いまして、「商品代金・送料・代行手数料」以外で費用が発生する例外的な場合を以下体系的にまとめました。 なお、これら特殊費用が発生する場合には、関税を除き、ご依頼を受理させて頂く以前にその旨お伝えさせて頂いておりますので、この点 ご安心下さい。( 関税FAQ )

::: 物品代行 / オークション代行 :::

1) 支払い方法関連/送金制限がある場合 (送金制限とは?→ FAQ )

- Paypal (Confirmed Address Only) >

Confirmed Address というのは「認証確認された住所」の意味であり、この制限が設けられている 場合、そちらの住所が発送先住所に指定されていることになるため必然的に転送代行のみでしか 当該ご依頼は承ることができません。(後述)

:
2008年10月のPaypal-Buyer Protectionの方針変更によりこの制限が徐々に緩和されてきています。

- アメリカ国外発行のクレジットカード使用不可 >

こちらも裏返せば請求先住所ないし請求先銀行口座がアメリカ国内の住所でなければならないということ であり、この条件下で海外発送できるという販売店/SHOP・出品者はほぼ無いため、転送代行のみで しか当該ご依頼は承ることができません。(後述)

- 代金の支払人と商品の受取人が同一でなければ注文不可 >

特にクレジットカード決済で販売店/SHOP側に支払う場合に見受けられる一種の送金制限となります。すなわち、クレジットカードの 盗難による悪用を危惧して、販売店/SHOP側で日本への商品発送対応が可能ながらも、クレジットカードの所持者(代金支払人)と商品の 受取人が同一でなければそもそも注文を受け付けてくれない場合がございます。

この場合には間接代行でしか当該ご依頼は承ることができません。(後述)

なお、アメリカ国内にしか発送対応できず、且つ、代金の支払人と商品の受取人が同一でなければ注文不可という場合も当然存在し、 この場合には転送代行のみでしか当該ご依頼は承ることができません。(後述)

- Moneybookers (主としてイギリス) >

電子決済サービスのため Karineko.com側の手数料が別途発生することはございませんが、 チャージ費用 +1.9 % と振込み手数料 +1.0% が別途発生します。(一種の振込み手数料)

ex. GBP1 =¥205 とした場合で、総額GBP100を 販売店/SHOP・出品者に支払う場合、

{(100 x 205) x 1.019} - (100 x 205) = ¥390 (銭単位四捨五入)
{(100 x 205) x 1.01} - (100 x 205) = ¥205

∴ この場合は ¥390 + ¥205 =¥595 別途費用が発生することになります。

- IMO / 国際郵便為替 >

こちらは為替手形を郵便局にて発行した上でそちらを販売店/SHOP・出品者の住所に郵送する 支払い方法となります。国際郵便為替での支払いとなる場合には支払い金額問わず以下の発行手数料が発生 します。(:こちらは郵便局側で発生する手数料です。)

@ 対アメリカ住所
¥2,000 + ¥110(為替郵送費/*1)

A それ以外の国
¥2,500

*1:普通空輸便の場合の費用(目安)です。支払期限が短い等の関係で速達書留便で発送する必要がある場合は 郵送費がさらに発生します。

また、この場合は郵便局窓口での事務手続きが必要となるため、Karineko.com側でも ¥1,500 の事務手数料を IMOにて支払うことになる販売店/SHOP・出品者毎に別途ご請求させて頂くことになります。

- Money Transfer/銀行振り込み >

海外の銀行に振り込むにあたり、入金金額問わず別途振込み手数料として¥7,000~発生致します。 (:こちらは金融機関側で発生する手数料です。)

また、この場合は金融機関窓口での事務手続きが必要となるため、Karineko.com側でも ¥1,500 の事務手数料を銀行振り込みにて支払うことになる販売店/SHOP・出品者毎に別途ご請求させて頂くことになります。

2) 通信事務手数料

支払いにあたって、Faxで契約書面や身分証明書等のコピーの提出を求められる場合がございます。 このような場合、Karineko.com 側で全て処理させて頂くものの、通信費は基本手数料内に含まれていないため、 誠に申し訳ながら上記書面提出回数毎に Karineko.com側で¥1,000 の事務手数料を別途ご請求させて頂くことになります。

3) 関税・消費税が後日発生する場合

まず、事前に関税が発生するか否か、またはその正確無比な金額の予測計算はできない点、何卒ご理解下さい。 (→ FAQ )

関税の内訳としては、「関税・消費税・地方消費税・配送機関側の通関代行手数料」の合計金額を荷物引渡し 時に請求されることになります。なお、Fedex便につきましては後日関税の支払い請求書が郵送されてくる 形になりますのでご注意下さい。

::: 間接代行 :::

1) 支払い方法関連/送金制限がある場合

物品代行/オークション代行 の項目に記載した制限、すなわち、日本への商品発送対応が可能であっても、 代金の支払人と商品の受取人が同一でなければ注文不可というある種の送金制限がある場合には間接代行でしか承らせて頂くことができません。 従いまして、この場合には 間接代行の手数料を別途加算させて頂く形となります。なお、間接代行の手数料は こちら をご覧下さい。

2) 梱包手数料

複数ご依頼を頂く場合であって、且つ、一括での発送をご希望される場合につき、その同梱荷物個数が3個以上 となります場合に限り、3個以降、同梱荷物個数が増える毎に ¥350-梱包手数料を加算させて頂きます。

3) 通信事務手数料

支払いにあたって、Faxで契約書面や身分証明書等のコピーの提出を求められる場合がございます。 このような場合、Karineko.com 側で全て処理させて頂くものの、通信費は基本手数料内に含まれていないため、 誠に申し訳ながら上記書面提出回数毎に Karineko.com側で ¥1,000 の事務手数料を別途ご請求させて頂くことになります。

4) 関税・消費税が後日発生する場合

まず、事前に関税が発生するか否か、またはその正確無比な金額の予測計算はできない点、何卒ご理解下さい。 (→ FAQ )

関税の内訳としては、「関税・消費税・地方消費税・配送機関側の通関代行手数料」の合計金額を荷物引渡し時に請求されることになります。 間接代行の場合は一度全て立て替えさせて頂き、関税金額が確定致しましたらば、合算してご請求させて頂くことになります。なお、Fedex にて荷物が郵送されてくる場合で、且つ、関税が発生する場合には後日Fedexより払い込み用紙が郵送されてくる形になりますので、関税額が確定するまでの間、 最大14日間を限度に荷物を留置させて頂く場合がございますので、ご注意下さい。 この点は 規約 を今一度ご確認下さい。

5) 代引き手数料

こちらはお支払い方法並びに発送方法につき「代引き」を選択された場合に発生致します。代引きは郵便局の代引きサービスのみで の対応となりますが、郵便局の代引きサービスにつきましては、送金料金と、引換え金額が3万円以上のときは印紙代が併せて発生致します。

従いまして、これらの費用も含めたものを「代引き手数料」として定義することを前提に、引換え金額が¥30,000未満か以上かによって代引き手数料が変化します。 具体的には、代引き手数料は以下のようになります。

引換え金額代引き手数料
¥30,000未満のとき :¥670 (*1)
¥30,000以上のとき :¥1,080 (*2)

*1 内訳: ¥250(代引き手数料) + ¥420 (送金手数料)
*2 内訳: ¥250(代引き手数料) + ¥630 (送金手数料) + ¥200 (印紙代)

6) 保管手数料

間接代行の場合には、複数同時、ないしは、ご依頼受理中に追加で新規ご依頼を頂く場合に限り、到着商品の一括・同梱発送を前提として、先着商品到着日を基準に、20日間を限度として商品 の方保管させて頂くことが可能です。この保管に際しては、保管手数料は発生致しません

但し、ご依頼者側で音信不通を招来し、ないしは、代金のお支払いを頂けずに、 その結果として、Karineko.com側で到着荷物を継続的に保管させて頂かざるを得なくなりました場合には、違約金として、初回商品到着の通達を行わせて頂いた日にちを基準として、以降30日経過毎に 、ないしは、支払い期日徒過後以降30日経過毎に保管場所占有に伴う保管代金:¥500(荷物1点毎)を加算させて頂きます。詳細は 規約 をご確認下さい。

上記のとおり違約金として発生する手数料となり、こちらの金額をお支払い頂ければ到着荷物の方を1点目から延々と保管させて頂くことを意味するもの ではございませんので、この点ご注意下さい。

::: 転送代行 :::

1) 支払い方法関連/送金制限がある場合 (送金制限とは?→ FAQ )

- 海外発行のクレジットカード不可
- Paypal (Confirmed Address Only) >

両者ともにその意味するところは認証を受けた(アメリカ)住所にしか発送しないということであり、この場合は転送代行のみでの対応 とさせて頂きますのと、その意味で転送代行の手数料をまず加算させて頂く形となります。なお、転送代行の手数料は こちら をご覧下さい。

さらに、このような送金制限がある場合にはそちらの送金制限回避のための処理が別途必要となり、販売店/SHOP・出品者に対する送金合計金額の10% (最低手数料-¥1,500) の事務手数料を販売店/SHOP・出品者毎に追加的に加算させて頂くことになりますので何卒ご了承下 さい。

ex. アメリカ国外のクレジットカード支払いを受け付けない販売店A にて$100の商品を購入する場合で、アメリカ国内送料が$10、商品の重さが0.5kg、為替 レートを$1=¥100、燃油サーチャージを$4 と仮定した上、転送代行(DHLで転送)でご依頼頂いた場合の費用詳細。

まずは、原始的に発生する費用、すなわち、Karineko.com の手数料以外に要する費用一覧になります。 (送料2の算出方法ついては こちら を、燃料サーチャージについては こちら を参照)

商品価格 : $100¥10,000
送料1 (米米間) : $10¥1,000
送料2 (米日間) : $36.02¥3,602
燃油サーチャージ : $4¥400

そして、次のものが Karineko.com 側の費用となります。なお、改めまして、転送代行はオプションサービスとなりますので、上記のご依頼は 「物品代行で且つ、(送金制限の関係で)転送代行をオプションとして付けて頂く」という解釈になります。

物品代行 : ¥800
転送代行 : ¥900
事務手数料 : ¥1,500 (*1)

*1:送金合計金額に8%を乗じた際の事務手数料相当金額分が¥1,500未満のため。
{$110 x 1.1}- $110 = $11 = ¥1,100 < ¥1,500


従って、上記例の場合における最終的なご請求金額は¥15,002 + (¥800+¥900+¥1,500) = ¥18,202 となります。

2) アメリカから日本(ご依頼者のご住所)までの送料

転送代行の場合は原則アメリカ国内間、そして、アメリカから日本間と二回送料が発生することになります。 アメリカから日本までの送料(:ヤマト運輸国際宅急便・DHL)につきましては こちら に まとめてありますのでご確認下さい。

3) 燃油特別付加運賃 - 燃油サーチャージ(Fuel Surcharge)

昨今の原油高の影響で、DHLFedexでの転送となります場合には、燃油特別付加運賃 - 燃油サーチャージ がアメリカから日本までに商品を郵送する際の送料に加算されます。この点に関する詳細は こちら をご参照下さい。

4) 申告価格 $100 以上の商品に付する補償費

DHLFedexでの転送となります場合で、且つ、 申告価格が US$100.00 を超える商品の発送となる場合は、以降US$100.00毎に US$2.00 の補償費を別途加算させて頂きます。 補償費不要のお申し出は承りかねますのでご注意下さい。(→ 申告価格 / FAQ )

5) ご依頼者側からのご請求による特殊梱包 (有償)

DHLFedexでの転送となります場合で、且つ、 ご依頼者側から請求を受けた場合における有償対応です。従って、Karineko.com側で 勝手に加算等させて頂くことは一切ございませんのでご安心下さい。

すなわち、規約上ご依頼者側から頂く梱包方法面での個別具体的な指示・ご要望に関しましては、梱包時における副次的なトラブル 防止の観点上承らせて頂いておりませんが、反面で、転送時に日本の郵便局・宅急便のような"コワレモノ扱い"での発送選択ということが、 ステッカーを貼る・梱包をしっかり施す以外、物理的にできませんがため、DHLFedex での転送となります場合に限り、下記の範囲内でおいてのみご依頼者側からのご請求により対応させて頂いております。

・「コワレモノ」のステッカー : US$ 2.00
・ 緩衝材他による追加梱包 : US$ 5.00

この点は転送代行の 規約 も併せてご覧・ご確認下さい。

6) 梱包手数料

DHLFedexでの転送となります場合につき、複数ご依頼を頂く場合であって、且つ、 同梱での発送をご希望される場合につき、その同梱荷物個数が3個以上 となります場合に限り、3個以降、同梱荷物個数が増える毎に ¥350-梱包手数料を加算させて頂きます。

ヤマト運輸での転送となります場合につき、複数荷物(Box基準)の同梱をご希望されます場合には、 同梱個数の上限を3点までとし、同梱に係る梱包手数料として、¥350を加算させて頂きます。

7) 関税・消費税が後日発生する場合

まず、事前に関税が発生するか否か、またはその正確無比な金額の予測計算はできない点、何卒ご理解下さい。 (→ FAQ )

関税の内訳としては、「関税・消費税・地方消費税・配送機関側の通関代行手数料」の合計金額を荷物引渡し時に請求されることになります。 転送代行の場合にはFedex便を除き、関税が発生する場合には商品お引渡し時にお支払い頂く形となります。 Fedexにての転送となります場合で、且つ、関税が発生する場合には後日Fedexより払い込み用紙が郵送されてくる形になります。

なお、時折配達員の方が「着払い金額」という名目でお支払いを乞う場合があり、その点お問い合わせを頂く事例を確認しておりますところ、商品受領時に発生、並びに 、請求されます料金は上記の関税となり、Karineko.com側で何かしろ追加的にご請求させて頂いているわけではございません。また、アメリカから着払いにては物理的に 発送対応させて頂いておりませんのでご注意下さい。 ( → FAQ )

8) 保管手数料

DHLFedexでの転送の場合には、複数同時、ないしは、ご依頼受理中に追加で新規ご依頼を頂く場合に限り、 到着商品の一括・同梱発送を前提として、先着商品到着日を基準に、20日間を限度として商品の方保管させて頂くことが可能です。この保管に際しては、保管手数料は発生致しません

但し、ご依頼者側で音信不通を招来し、ないしは、代金のお支払いを頂けずに、 その結果として、Karineko.com側で到着荷物を継続的に保管させて頂かざるを得なくなりました場合には、違約金として、初回商品到着の通達を行わせて頂いた日にちを基準として、以降30日経過毎に 、ないしは、支払い期日徒過後以降30日経過毎に保管場所占有に伴う保管代金:¥500(荷物1点毎)を加算させて頂きます。詳細は 規約 をご確認下さい。

上記のとおり違約金として発生する手数料となり、こちらの金額をお支払い頂ければ到着荷物の方を1点目から延々と保管させて頂くことを意味するもの ではございませんので、この点ご注意下さい。

なお、ヤマト運輸での転送の場合には、お申し込み頂いた商品が全て到着するまでの保管対応は可能ですが、当該荷物が全て到着 して以降の、追加で頂くご依頼分との同梱発送をご希望されることを理由とした、先行到着済み商品の保管延長のご要望に関しましては、申し訳ながら 対応させて頂くことができませんのでご注意下さい。

::: 転送のみ代行 :::

1) アメリカから日本(ご依頼者のご住所)までの送料

商品をKarineko.com側指定先住所まで手配させて頂く際に発生するアメリカ国内送料の他に、ご依頼者ご住所まで転送させて頂く際の 送料が発生致します。アメリカから日本までの送料(:ヤマト運輸国際宅急便・DHL)につきましては こちら に まとめてありますのでご確認下さい。

2) 保管手数料

転送のみ代行の保管期限については、DHLFedexでの転送となります場合に関しましては 特に設けておりませんが、商品到着後30日以降は、1ヶ月保管延長される毎に、 到着荷物1個あたり¥500の保管手数料を加算させて頂きます。

反対に、ヤマト運輸での転送をご希望される場合には、お申し込み頂いた商品が全て到着するまで先行到着済み商品を 保管させて頂くという場合を除いて、一律保管対応の方させて頂くことができません。

3) 梱包手数料

DHLFedexでの転送となる場合で、且つ、同梱での発送をご希望される場合につき、 その同梱荷物個数が3個以上となります場合に限り、3個以降、同梱荷物個数が増える毎に ¥350-梱包手数料を加算させて頂きます。

ヤマト運輸での転送をご希望される場合で、且つ、複数荷物(Box基準)の同梱をご希望されます場合には、 同梱個数の上限を3点までとし、同梱に係る梱包手数料として、¥350を加算させて頂きます。

4) 燃油特別付加運賃 - 燃油サーチャージ(Fuel Surcharge)

昨今の原油高の影響で、DHLFedexでの転送となります場合には、燃油特別付加運賃 - 燃油サーチャージ がアメリカから日本までに商品を郵送する際の送料に加算されます。この点に関する詳細はこちら をご参照下さい。

5) 申告価格 $100 以上の商品に付する補償費

DHLFedexでの転送となります場合で、且つ、 申告価格が US$100.00 を超える商品の発送となる場合は、以降US$100.00毎に US$2.00 の補償費を別途加算させて頂きます。 補償費不要のお申し出は承りかねますのでご注意下さい。(→ 申告価格 / FAQ )

6) ご依頼者側からのご請求による特殊梱包 (有償)

DHLFedexでの転送となります場合で、且つ、 ご依頼者側から請求を受けた場合における有償対応です。従って、Karineko.com側で 勝手に加算等させて頂くことは一切ございませんのでご安心下さい。

すなわち、規約上ご依頼者側から頂く梱包方法面での個別具体的な指示・ご要望に関しましては、梱包時における副次的なトラブル 防止の観点上承らせて頂いておりませんが、反面で、転送時に日本の郵便局・宅急便のような"コワレモノ扱い"での発送選択ということが、 ステッカーを貼る・梱包をしっかり施す以外、物理的にできませんがため、DHLFedex での転送となります場合に限り、下記の範囲内でおいてのみご依頼者側からのご請求により対応させて頂いております。

・「コワレモノ」のステッカー : US$ 2.00
・ 緩衝材他による追加梱包 : US$ 5.00

この点は転送のみ代行の 規約 も併せてご覧・ご確認下さい。

7) 関税・消費税が後日発生する場合

まず、事前に関税が発生するか否か、またはその正確無比な金額の予測計算はできない点、何卒ご理解下さい。 (→ FAQ )

関税の内訳としては、「関税・消費税・地方消費税・配送機関側の通関代行手数料」の合計金額を荷物引渡し時に請求されることになります。 転送代行の場合にはFedex便を除き、関税が発生する場合には商品お引渡し時にお支払い頂く形となります。 Fedexにての転送となります場合で、且つ、関税が発生する場合には後日Fedexより払い込み用紙が郵送されてくる形になります。

なお、時折配達員の方が「着払い金額」という名目でお支払いを乞う場合があり、その点お問い合わせを頂く事例を確認しておりますところ、商品受領時に発生、並びに 、請求されます料金は上記の関税となり、Karineko.com側で何かしろ追加的にご請求させて頂いているわけではございません。また、アメリカから着払いにては物理的に 発送対応させて頂いておりませんのでご注意下さい。 ( → FAQ )

8) 到着荷物の返品を希望される場合

商品がKarineko.com側住所に到着後、商品転送前の段階で、ご依頼者都合により商品の返送をご希望されます場合には、返品に伴う一切の費用をご依頼者負担とし、 且つ、返品に際するKarineko.com側の事務手数料:¥1,000 を徴収させて頂きます。但し、差出人側で返品を受け付ける場合 に限ります。この点は転送のみ代行の 規約 も併せてご覧・ご確認下さい。