個人輸入・海外通販やebayでアメリカ国内にしか発送してくれない場合の代行サービス

海外のネットショップやオークションサイトで探していた商品を見つけたり、日本国内よりも格安で販売されていたりすることを目撃する機会も多いと思います。 しかし、全てのショップや出品者が日本へ商品を発送してくれるとは限りません。あるいは、個別に発注するよりも、アメリカ国内で一括して商品を受け取り、同梱 発送した場合に割安になる場合もあります。

他にもアメリカで発行されたクレジットカードでなければ受け付けれないとか、Paypalの「confirmed address」でなければ注文を受け付けないという 具合に、実質的に日本への発送を認めていない場合も散見されます。アメリカにお友人やご親族がいる場合にそちらに注文商品を発送できたとしても、アメリカ国籍を 有しない人間がアメリカ国内で銀行口座を開設したりクレジットカードを発行してもらうのは日本人である限りほぼ不可能であるといえるでしょう。

しかしながら、Karineko.com側ではアメリカ国内にしか発送してくれない場合やアメリカ国内で発行されたクレジットカード決済にしか対応しないという場合 であっても、代行対応可能です。

なぜ日本へ発送してくれないのか

海外に発送することで生じるリスクを回避するため、というのが一番多い理由になるかと思います。ショップ側や出品者の立場になって考えてみるに、 商品を販売した後に商品が届かない、商品が破損して届いたというクレームを受けた場合、ショップ側や出品者でも各種対応を迫られます。ebayなんかでは 落札者側のクレーム、例えばPaypalのDispute手続きを採られたらば、当該取引額分口座から引き出せなくなる上に、そのまま放置していたらば、商品も商品 代金も失いかねない、つまりは売り損の大赤字になることも。

ebayでよくみる光景として「イタリアやブラジルには発送しないか、書留でしか発送しない」旨の記述が散見されますが、これは荷物を送っても それら国々ではあくどい税関職員や配達員が荷物内の商品を盗み、届かないトラブルが多いんだとか。このような場合明らかに当該輸入国の税関なり配達員 が悪いのに商品が届かなかったその被害なり損失分を出品者が全て負担しなければならないというのは理不尽極まりないでしょう。少なくとも、出品者側では 悪くなくても、荷物の追跡調査の申請をするとか、落札者側からのクレームに応じなければならないという面で対応しなければならなくなりますし、そのような 潜在的なリスクを回避したいのであれば当初から国外には発送しなければよい、まさにごもっともな考えだと思います。

他にも、ヤフオクで「国外に発送しない」形で出品されていることが多いわけですが、それは上記の潜在的なトラブル以前に、送金面然り送料の計算然り 申告書を別途記載する必要があること然り、国外間での取引を行うのが単純に面倒であるという理由もあると思います。

ところで、ファッションブランドの場合だと、日本国内に輸入販売の独占契約をしている業者がいるとか、日本にも店舗があるからという理由が多いです。しかしながら、 海外のファッションブランドだと、日本国内で販売されるとして、輸入販売業者の手数料や輸入費用が上乗せされており、為替レートの影響もあって、当該 ファッションブランドから直接購入した方が安くなることが多く、店舗限定カラーを取り扱うブランドも多くなっています。

クレジットカードの制限に関しては、インターネット経由での決済だと盗まれたカードか否か判別がつかないからだと思います。つまり、盗まれたカードであった ことが後日発覚し、商品は既に発送してしまったのに、クレジットカード会社からチャージバックの請求を受けた場合、基本的にショップ側も補償されるような 制度はあるとは思いますが、通常業務に支障が生じるのは言うに及びません。

ebayの転送サービス

ebay側では出品落札取引の規模の拡大を図るために、近年「Global Shipping Service」や「セカイモン」というサービスを 取り扱い始めました。どちらのサービスも共に出品者側ではアメリカ国外に商品を発送する必要はなく、ebay側が指定するアメリカ国内の住所宛に商品を発送すれば 後はebay側が国外の落札者住所宛に代わって転送発送してくれるというサービスとなっております。

出品者側としては、商品の不着や破損他潜在的なトラブルを回避でき、落札者側としてもアメリカ国内にしか本来発送対応してくれない出品者から商品を購入 できるという、どちらにとっても利点がある便利なサービスとなっておりますが、落札者側観点でみるに、手数料や諸費用は看過できないと思います。

特にセカイモンの場合には、ebayと日本企業が提携する購入代行サービス業者として、単に荷物を転送発送頂けるサービスの他に購入代行サービスも同時に 実施するサービス形態となっておりますので、別途手数料を請求されます。

一度ご比較頂けましたあば幸いですが、Karineko.comでは「Global Shipping Service」を経由するよりもお安い転送送料設定を設けさせて頂いており、あるいは、 セカイモンよりも格安な手数料にて商品の購入代行を行わせて頂いております。

個人輸入をアメリカ国内から代行サポート
海外通販をアメリカ国内から代行サポート
ebayやAmazonマーケットプレイス等の個人売買取引の代行
アメリカ国内からの購入と商品の転送サービス
アメリカ国外に発送対応頂けない場合でも代行させて頂きます
アメリカ国外のクレジットカードが使えない場合にも購入を代行させて頂けます
通信販売の法規に基づく表示
Karineko.com © 2005 - 2015
Global Shipping ProgramとKarineko.comの転送代行サービスの比較
セカイモンとKarineko.comの転送代行サービスの比較
アメリカ国外に商品を発送してくれない理由
商品が届かない、商品が破損して届く等の潜在的なトラブル
PaypalのDisoute上でのやりとりの煩わしさの回避
クレジットカードのチャージバック
荷物の追跡調査などを行う必要性
アメリカ国内で受領後にまとめて同梱転送した方が格安になる場合
1) 転送代行とは ?
2) 転送代行の流れ
3) 手数料
4) 注意事項

1) 転送代行とは?

物品代行ないしオークション代行でご依頼頂いた際のオプションサービスの一つであり、このサービス単体で はご利用頂けません。(→ 転送のみ代行との違い)

転送代行とは、販売店/SHOPないし出品者から商品を購入する場合において、当該販売店/SHOPないし出品者側が諸般の事情によりアメリカ国外へ 商品を発送してくれない、あるいは、まとめて発送した方が送料が易く、効率的になるといった 理由に基づき、当該購入商品をご依頼者のご住所に直接発送せず、一度 Karineko.com側のアメリカ住所にて受領させて頂いた後、 再度ご依頼者の方に当該商品を発送(同梱可)させて頂くことで、もって代行を遂行させて頂くサービスです。

また、販売店/SHOP・出品者側でで、特にクレジットカード決済となる場合で、アメリカ国外発行のクレジットカード使用不可 という制限が設けられている場合 には、それに付随して商品をご依頼者ご住所(日本)に直送手配できないことが多いため、その際はこちらのオプションサービスを付けて頂いた場合に限り、代行対応の方さ せて頂くことが可能です。 ( → 参考 )

アメリカ以外の国からの転送代行に関しましては こちら をご覧下さい。


2) 転送代行の流れ

※: 画像上の「ebay」はあくまで例示です。

転送代行の流れ


::: 物品代行の場合 (※: オークション代行の場合は下記) :::

@: ご依頼者から転送代行-オプション付きで物品代行の依頼を頂く。
 ↓
A: お見積もりをさせて頂く。
(※: 送料等が分からなければ販売店/SHOPに問い合わせが必要です。/ FAQ)
(※: 商品到着後の計量により送料が確定するため、正確無比なお見積もりはできません。)
 ↓
B: お見積もりをご確認頂き、正式にご依頼頂ける旨の了承を得た場合は、商品代金のみ一度お支払い頂く。 (※: 以降キャンセルはできません。)
 ↓
C: ご入金確認後に購入手続きを実施し、対販売店/SHOP向け送金手続き完了後、ご依頼者の方に送金が完了した旨ご連絡。
 ↓
D: 商品到着後検品を原則実施。
 ↓
E: 検品後異常がなければご依頼者に商品到着のご連絡。
 ↓
F: 日本までの送料を計算・確定後、お支払いのご案内
(※: 代行依頼確認メール)
(※: 保管期限?→ FAQ / 同梱発送?→ FAQ)
 ↓
G: ご依頼者からの入金確認後に商品発送。発送後にその旨並びに追跡番号をご連絡。
 ↓
H: ご依頼者の手元に商品到着。

※: 商品が一定期間に到着しなければ、商品代金をご返金


::: オークション代行の場合 :::

@: ご依頼者から転送代行-オプション付きでオークション代行のご依頼を頂く。
 ↓
A: オークション代行の場合、ご提示頂いた入札上限を限度として該当オークションに入札。
(※: 落札できなければここで終了)
 ↓
B: 落札した場合のみ、その旨ご連絡させて頂いた上で、落札代金のみを一度お支払い頂く。
 ↓
C: ご入金確認後に対出品者向け送金手続きを実施し、完了後、ご依頼者の方に落札通知と送金が完了した旨ご連絡
 ↓
D: 商品到着後検品を原則実施。
 ↓
E: 検品後異常がなければご依頼者に商品到着のご連絡。
 ↓
F: 日本までの送料を計算・確定後、お支払いのご案内
(※: 代行依頼確認メール)
(※: 保管期限?→ FAQ / 同梱発送?→ FAQ)
 ↓
G: ご依頼者からの入金確認後に商品発送。発送後にその旨並びに追跡番号をご連絡。
 ↓
H: ご依頼者のお手元に商品到着。

※: 商品が一定期間に到着しなければ、商品代金をご返金


3) 転送代行の手数料

転送代行はあくまでオプションサービスとなり、物品代行ないしオークション代行でご依頼頂いた場合に発生する基本 手数料に別途転送代行手数料を加算(販売店/SHOP・出品者単位)させて頂く形になります。(最低手数料-¥900〜)

手数料表詳細は こちら をご参照下さい。
※: 商品以外にかかる費用一覧は こちら をご参照下さい。


4) 転送代行をご依頼頂くにあたって/注意事項

輸入という性質上、こちら側がいくら努力しても、CDであればプラスチック製の収納ケースのケース割れやツメ折れ、本や冊子であれば折れ曲がりやシワ、缶であれば へこみ等が生じることが少なくありません。

これらのように、当該商品の性能を著しく損なわない軽度の損傷は検品時に「不良品」とは原則看做さないため、状態を過度に気にされる方々は予めご遠慮頂くよう 何卒よろしくお願い致します。

また、日本と海外諸国では電圧が違ったり、DVDではリージョンコードの仕様が違ったりする関係で、 結果的に使用等できない場合があります。(参考>日本・関東の規格:100V/50 Hz)

この場合も同じく「不良品」とは看做しませんのと、仮に返品を希望される場合は購入者側の事情によるキャンセルということで、受け付けてくれなかったり、受け付けて くれるにせよ送料は購入者側負担となるケースが殆どです。

従いまして、トラブル事前回避の観点からも、ご不安ならば、ご依頼を正式に頂く前に、まず問い合わせすることを推奨致します。

なお、海外の販売店/SHOPや出品者に対する問い合わせ無料で行わせて頂いておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 ( 問い合わせ )

転送方法として「ヤマト運輸(国際宅急便)」をご希望されます場合で、且つ、後日別途追加でお申し込みを頂く あたりましては、先行到着商品が全て到着して以降の同梱発送対応ができません。また、ヤマト運輸での発送につきましては、同梱上限を、到着荷物を基準 として、その上限を3点までとさせて頂き、且つ、同梱を希望される限り、追加で梱包手数料:¥350を徴収させて頂く 形となりますのでご注意下さい。

転送方法として「DHL,Fedex」をご希望されます場合に関しましては、 先行到着商品が全て到着するも、後日追加でご依頼を頂きます限り、初回の荷物到着のご連絡を差し上げた日を基準に 20日間 商品の保管をさせて 頂くことが可能です。また、同梱発送をご希望されます場合には、到着荷物を基準として、3点以上となります場合は3点目以降、同梱荷物個数が増える毎に ¥350-梱包手数料を徴収させて頂く形となりますのでご注意下さい。

注意事項・ご利用規約詳細は こちら をご参照下さい。