個人輸入や海外通販での商品の購入を注文送金から商品不着や破損トラブルにクレーム処理まで全て代行

海外のネットショップ通販を利用することは、個人使用目的で物品を輸入することに等しく、それは「個人輸入」と総称されます。 海外通販を利用することで、欲しい商品に出会う機会の増大、為替の変動も伴い、日本国内よりも格安で購入でき、クレジットカード 1枚あれば換金等の面倒な処理も不要という具合に、利点ばかりが目立ちますが、「個人輸入」として立派な貿易行為でもあり、荷物には インボイスという申告書の添付が義務付けられると共に、関税が発生する等、単なる売買取引というわけでもございません。

関税とは

関税とは、国内産業の保護や財政上の理由から輸入品に対して課される税金となります。但し、「個人輸入」という観点からすると、 広義と狭義の意味とで区別が必要であると考えます。具体的には、関税と広く表現する場合には、文字通り輸入品に課せられる税金としての関税の他に、消費税と 地方消費税が含まれます。

個人輸入にて関税が発生する場合として有名なのは革製品(とくに本革製のもの)の場合ではございますが、それ以外の物品、特に趣味用品であれば基本的に関税が 発生する場合のが珍しいといっても過言ではないと思います。そもそも、個人輸入と認められる場合には、革製品等の特殊な場合を除いて簡易税率が 適用される上に、商品購入価格の6割が課税対象価格になるところ、こちらが¥10,000を超過しない場合には消費税すら発生致しません。

この点ご注意頂きたいのは、例えばDHLでは商品受け渡し時に、Fedexでは商品受け渡し1.5週間後程度に「関税」として別途輸入に伴う税金を請求されたり 振込み用紙が郵送されてくる場合がございますが、当該税金というのは、厳密には関税そのものではなく「消費税」(だけ)の場合がございます。言い換えれば、関税が 発生するのか否かが個人輸入や海外通販を利用するに際してつきまとう悩みであると思うところ、当該商品価格を6割(x0.6)計算した場合に¥10,000未満になる 場合には、革製品の場合を除いて基本的に関税は発生しないものとお考え頂いても大丈夫であると思います。

個人輸入や海外通販を利用した転売と商材の買い入れ

海外のネット通販を利用すると、お宝やレアモノに遭遇したり、格安に販売されているのを目撃するかもしれません。例えば、ラルフローレンなどのファッション ブランドとなると、契約代理店での購入を薦められる結果として、代理店を経由しない分割安でお得な価格で商品を販売しているのにアメリカ国外からの注文はできない 仕様になっているとか、毎年7月末頃にSDCC(とはサンディエゴ・コミコンの略)というイベントが開催され、その際限定品が販売されることが多くなっています。 あるいは絶版品がAmazonのマーケットプレイスに人知れず出品されているとか、DiscogsやGemm等の横断サイトで価格を比較しながらもヴィンテージレコードを発掘する、 それらを商材輸入するとか、転売するというのもビジネスとして成り立つと思います。

しかしながらご注意頂きたいのは、「個人輸入」とはあくまで個人使用目的で当該商品を輸入する行為であり、故に関税も特別に簡易税率が適用されるわけであって、 当初から転売することを目的とした商品の購入は「商業輸入」として別物になりますのでこの点ご注意下さい。

また、日本と海外では電圧電流の規格やDVDの規格が異なる結果として、日本国内では使用することができない場合があること、特にブランド品に顕著な偽造品や 模造品については、輸入しようとしても通関時に税関で没収されますのでご注意下さい。

Karineko の個人輸入代行サービス

Karineko.comではそういった個人輸入の代行サービスを「物品代行」として取り扱わせて頂いております。単に注文と送金という部分的な購入行為の代行だけで はなく、後日商品が届かなかったり、商品が破損して届いたり、注文した商品とは違う品が届いたり、品数が不足していたり、そんなトラブル時も代わって相手側に クレーム請求や返品交換請求他問い合わせも代行させて頂きます。

個人輸入とは
海外通販の便利さの裏側にある個人輸入という貿易行為
関税が発生する場合
個人輸入の場合には簡易税率が適用される
但し、革製品特に本革製品の場合には注意が必要
関税の計算方法として商品価格の6割が課税対象価格となる
通信販売の法規に基づく表示
Karineko.com © 2005 - 2015
個人輸入を利用とした商材の買い入れ行為
個人輸入を利用した商材の転売行為
副業ビジネス
但し、その場合には個人輸入ではなく商業輸入行為
Karinekoの個人輸入代行サービス
アメリカ国内にしか商品を発送してくれないファッションブランド
SDCCのイベント限定品
AmazonのマーケットプレイスやDiscogsやGemm等の横断サイト
1) 物品代行とは ?
2) 物品代行の流れ
3) 手数料
4) 注意事項
5) オプション

1) 物品代行とは?

世界中のオンラインショップで販売されている物品商品の購入をご依頼者に代わって代理購入させて 頂くサービスです。

※: オークションサイトにて即決による購入代行も物品代行として扱います。
※: 事前に商品に関する質問等がある場合につきましては 問い合わせ をご覧下さい。


2) 物品代行の流れ

※: 「Amazon」はあくまで代行例の一例です。

物品代行の流れ

@: ご依頼者から依頼を頂く。
 ↓
A: お見積もりをさせて頂く。
(※: 送料等が分からなければ販売店/SHOPに問い合わせが必要です。)
 ↓
B: お見積もりをご確認頂き、正式にご依頼頂けます場合はお支払いのご案内。
(※:代行依頼確認メール」の送信)
 ↓
C: ご依頼者からの入金確認後に購入代行手続き。
(※: 期限までにご入金頂けない場合はキャンセル扱い)
 ↓
D: 販売店/SHOPに支払い完了後、ご依頼者の方にその旨ご連絡。
 ↓
E: ご依頼者のお手元に商品到着。


3) 物品代行の手数料

「手数料は商品価格の%」という業界に先駆けて完全定額制・料金体系の細分化制度を導入致しました。他の代行 会社の手数料と一度比較して頂ければその差にすぐお気づき頂けると自負致しております。(最低手数料-¥450〜)

手数料表詳細は こちら をご参照下さい。
※: 商品以外にかかる費用一覧は こちら をご参照下さい。


4) 物品代行をご依頼頂くにあたって/注意事項

輸入という性質上、こちら側がいくら努力しても、CDであればプラスチック製の収納ケースのケース割れやツメ折れ、本や冊子であれば折れ曲がりやシワ、缶であれば へこみ等が生じることが少なくありません。

また、これらのように、当該商品の性能を著しく損なわない軽度の損傷は「不良品」とは原則看做さないため、状態を過度に気にされる方々は予めご遠慮頂くよう何卒よろしく お願い致します。

電化製品の場合は、日本と海外諸国では電圧が違うため、購入しても使用できないことがあったり、DVDの リージョンコードの違いから国内のDVD再生機器では視聴できなかったりする場合がございます。 (参考>日本・関東の規格:100V/50 Hz)

その際は、購入者側の事情によるキャンセルということで、受け付けてくれなかったり、受け付けてくれるにせよ送料は購入者側負担となるケースが殆どのため、トラブル 事前回避の観点からも、ご不安ならば、まずは問い合わせすることを推奨致します。

なお、海外の販売店/SHOPや出品者に対する問い合わせ無料で行わせて頂いておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 ( 問い合わせ )

注意事項・ご利用規約詳細は こちら をご参照下さい。


5) オプション

郵便局の留め置きや代引きを希望したい等のご要望に応えるため、以下のようなオプションサービスもご用意させて頂いております。
各オプションの内容・詳細につきましてはご希望されるオプション項目名をクリックして頂いた上、当該ページにてご確認下さい。

- 間接代行 (配達時間帯指定他で受け取りたい方向け)
- 転送代行 (販売店/SHOPや出品者がアメリカ国外に発送してくれない場合)